スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間 鳩山首相 市民から罵声を受け追い詰められる状況に

続いて行われた沖縄県民との対話集会で、鳩山首相は、
「沖縄の皆さま方にご負担をお願いをしなければならない状況であるということを、
あらためて申し上げなければならないこと、本当につらいことではございますが」と述べた。
しかし、鳩山首相の言葉を信用できない住民から、厳しい言葉が飛んだ。
集会参加者は、「総理大臣、あなたは少なくとも最低でも県外とおっしゃいました。
政治家の人の言葉は、すごく重みがあります」と話した。
また、小学校教諭は「(ヘリが)墜落したら、はたして、わたしたちは、
子どもたちをどのように守ったらいいのかという思いで、いつもヘリを見上げています」と話した。

1時間余り行われた集会が終わった直後、1人の住民が鳩山首相のもとへ詰め寄る場面もあった。
さらに、普天間の住民からの「沖縄全体のことを考えてください」、「良心はないのか!! 」、
「友愛政治はどうなっている」、「恥を知れ、恥を!! 」との厳しい声を背に、
鳩山首相が次に向かったのは、移設検討地の名護市辺野古のキャンプ・シュワブ。
視察後、基地建設に反対の立場を取る稲嶺名護市長との会談が始まった。
ここで鳩山首相は、「やはり、日米同盟を維持していく中での抑止力の観点から、
沖縄の皆さん、あるいは沖縄の周辺の皆さま方に引き続いて、ご負担を、
やはりお願いをせざるを得ないという」と述べ、日米同盟や北東アジアへの抑止力のため、
基地機能移設などの負担をあらためて強調した。
会談後、稲嶺市長は、「はっきりと県外ということを言ってほしかった。
ただ、そういうことがなかったことが、残念で、とてもまた心外であります」と述べた。

FNN 記事の一部抜粋 リンク先に動画
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00176693.html


恥も外聞も無いとはまさにこの事。

歴代の総理大臣の中でも有数の駄総理。

これじゃぁルーピー鳩山と言われても反論できないですね。




やっぱり、昨年の選挙の時に約束した事は、議席を得るための方便だった、
ということなんでしょうね、今の現状を見ると。

今朝のニュースでも訪問のことが話題になっていましたが、弁護している番組が皆無というのも面白い話です。

実際、沖縄県民に弁解している内容は支離滅裂、ブレがないように「それらしいこと」をただ言っているだけ。

一国の代表が、自分の国の中にある他国の軍のある「意味」を知らないという異常事態。

それに対して今まで何も忠告しなかった他の議員たち。

桟橋方式にするという話も、急に出したところですぐに実現できるわけもなく、
テロの恐れなども考えると、埋め立ての計画より時間もお金もかかる。

確かに桟橋の方が埋め立てより自然にはやさしいかもしれない、が。

作業に掛かる年月が埋め立てよりずっと長い。

結果、自然を破壊することにつながるんじゃないか、こういう意見も出ているそうです。


結局のところ、野党根性が抜けていないというか…公言した当時は総理大臣じゃなかったので、その言葉の責任を解っていなかったのかもしれない。

沖縄は、普天間は、この後どうなるのだろうか?

というより、日本どうなる?

鳩山 普天間


テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

tag : 政治 民主党 鳩山由紀夫 総理大臣 米軍 沖縄 普天間 マニフェスト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。